副業で普通徴収できないケース

副業において確定申告の際に税金の支払いを普通徴収にしておくと、自分で支払う事になり、会社にはバレないと言われていますが、中には普通徴収できないケースがあります。例えば副業でもほかの会社に勤めていたりするケースです。アルバイトなどでの収入は普通徴収にできません。ただ交渉自体で自分で支払うようにする事も可能なので、お悩みの方は税務署できいてみてはどうでしょうか?

実はネオニートになるための方法というのも一つじゃないんですよ。他にもいくつかの方法があるようです。そのなかでちょうど私が知っている方法というのです。「あまり聞きなれない言葉だなー」と思われる人もいることでしょう。まあそれも仕方ないですよ。いま始まったばかりの新しい稼業なのですから・・・。いま男性の10人に1人が稼いでいると言われています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加